風の流れを活かした建物

|
最近の住宅は風の流れまで計算して設計されるものもあるようですね。
建物の構造などで熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境を作りだす
という手法はパッシブデザインと呼ばれているそうです。

亜熱帯になってきている日本で、消費電力を削減するには
エアコンを使わず快適に過ごせるよう工夫しなければならない
ということで風の流れを取り入れた住宅に注目が集まっているらしい。

これからは集合住宅やショッピングセンターも
風の流れを活かした建物が主流になるんでしょうね。

おすすめブログ