レンタルオフィスの最近のブログ記事

士業関連の起業とレンタルオフィス

|

士業関連の起業は他の仕事より多くの費用が掛かりません。

そのため、余裕をもって事務所を借りることができるでしょう。

 

しかし、そうでない場合でも、レンタルオフィスを利用すると簡単に事務所を得ることができます。

そして、それなりに設備も充実しているので安心です。

レンタルオフィスなら費用も格安ですので、その分広告にお金を投入することも可能でしょう。

結果的に早く立ち上がることができるかもしれません。

立地も大事なレンタルオフィス

|

なぜレンタルオフィスにおいて立地が大事なのでしょうか。

立地は通勤時間や労力の短縮につながる事もあるかと思います。また、自分達が通勤する時だけでなく、顧客がレンタルオフィスに来る時にも説明しやすく、アクセスも便利であればいいですね。そして、レンタルオフィスであればオフィスを借りるのが難しい様な一等地を選ぶ事だってできます。いい立地であっても、それほど賃料が跳ね上がらない場合もあります。

この様に考えてみると、やはり借りる場所についてもこだわりたいですね。逆に駅から徒歩で時間がかかるなど不便な場所であれば、社員はもちろん取引先などみんなが不便だと感じる事もあるかと思います。

会社によっては他社の人が来社する機会が多く、
会議室を使って話をする機会が多いという会社もある様ですね。

通常のオフィスを利用している場合には、パーテーションなどを使って会議室の空間を設けている会社もある様です。しかし、レンタルオフィスでは会議室は他社と共同で使う事になり、予約が必要であったり、別料金になってしまったりする事もある様です。

利用する頻度が高い場合には、1週間や1カ月の間にどの位使用するのかという事を想定して、費用をシミュレーションしたいですね。そうすればレンタルオフィスの賃料とプラスして、最終的にかかる費用を計算して割り出す事もできるでしょう。

使い勝手がいいレンタルオフィス

|
一度契約したら、一定の期間はずっと同じオフィスを利用しないといけない、初期費用がかかるというのはちょっと使い勝手が良くない事もありますね。 しかし、レンタルオフィスであれば融通が利きやすく短期で退去したい時にも楽ですね。 また、初期費用が安い事が多いので、入居してくる時にも便利ですね。
レンタルオフィスを活用すると便利な事が多いですが、中には困る事もある様です。その一つが車を所有している場合です。一つの物件に多数の企業が入居しているため、すべての企業に駐車場を割り当てる事ができないと言う事です。普段の仕事で車をよく使うという場合や、または取引先の人が車で自社にやってくると言う事もあるでしょう。しかし、レンタルオフィスの中には近くの駐車サービスと提携して、オフィスの入居者は特別に安い価格で駐車場の契約ができる所もある様です。自分で別途駐車場を探して契約するとかなり高い費用がかかる事もあります。この様に提携していれば、費用を気にする事なく気軽に利用できそうです。

レンタルオフィスを退去する

|
普通のオフィスであれば、契約を延長する事なく退去する時には、数カ月程度早めに管理者に伝えておかないといけません。しかしながら、レンタルオフィスの場合にはもう少し直前まで伝えなくてもいい場合もあるそうです。退去をいつまでに管理者に対して伝えるべきか、という事に関しては、契約する時に話がある事でしょう。また契約の時にもらう書類をきちんと確認すると、書かれている事でしょう。言い忘れていたと言う事があれば、賃料を余分に支払わないといけなくなってしまうかもしれません。レンタルオフィスを退去しようと考えているのであれば、早めにどの様な契約であるのかと言う事を書類で確認し始めておく事をおすすめします。くれぐれもトラブルは避けたい所ですね。

移転しやすいレンタルオフィス

|
社屋も引越しをするという事もあります。貸事務所から貸事務所に引越しをする時には、引越し屋さんを呼んで、すべての荷物を運搬する事になりますので、事前に業務をストップして荷物をまとめたりしないといけません。これはかなり大変ですね。しかし、レンタルオフィスからレンタルオフィスに引越しをする時というのはどちらかと言えば楽でしょう。大きな家具などの運搬がないので、書類や備品など細かい荷物をまとめて運搬する作業が多いでしょう。また、やインターネットの設定なども行いやすいので、業務を中断するのは短時間ですみそうですね。長い間業務をストップするとかなり影響が出てくる事もあり、引越しが短時間でできそうです。
新規でレンタルオフィスの契約を行うのであれば、契約が済めば、できるだけ早く入居したいですよね。通常の事務所と比較すると、レンタルオフィスは大変な引越し準備もなく早く使える事が多いみたいです。しかし、満員で前の利用者が退去してからしか利用できないという時には、入居日までに時間がある場合もあるでしょう。ホームページなどに書かれている日時よりも遅れてしまうと言う事も考えられます。急いでいるという人はいつから入居可能であるのか、質問しておいた方がいいでしょう。審査が必要な所は仕事がスタートできる様になるまでに時間がかかる場合も多いでしょう。他にも必要な手続きや書類なども確認すべきでしょう。

おすすめサイト